亜鉛で精力増強

亜鉛で精力増強

ミネラルとしての亜鉛が足りないと精力が衰えます

亜鉛は、人体にとって必要不可欠なミネラルのひとつです。亜鉛自体は、ただの金属元素ですが、体内においての働きは、数多くの酵素が作用するのに欠かせません。
体内では、化学変化が絶えず繰り返されて、ある物質から別の物質がつくりだされていて、正常な生命活動を営めているわけです。酵素というのは、この体内での化学変化を助ける作用をする物質で、消化を助けるのが消化酵素ですし、代謝を助けるのが代謝酵素です。酵素自体は、化学変化をしませんが、なくては体の調子がおかしくなります。
亜鉛は、数多い体内の酵素の内、数百種類が関係しているといわれています。つまり、亜鉛が体内で不足しますと、関係する酵素が少なくなって、そのひとつとして精力減退のような支障をきたします。
もうひとつの亜鉛の作用として、血管を拡張する作用があります。これで、血流がよくなり、例えば、男性の下半身でいいますと、精力が蘇ります。
つまり、亜鉛という物質は、体内に不足しますと酵素の関係で精力が衰えたりします。一方で、適量の亜鉛は、直接的に精力の強化に役立ちます。
そのため、男性の精力剤として使われることが多く、特に精力サプリメントにはアルギニンなどに加えて添加されている事が多い物質です。

精力回復には男性ホルモンが重要

精力とは肉体や精神の活動力を表すもので、一般的には仕事や何らかの活動を成し遂げるための元気のことを指しています。性的な意味合いにとられることもありますが、世間話などでも使われる言葉なので性欲とは違うというのを理解しておくと良いでしょう。その精力が失われると、体力が衰えたような気分になったり、やる気が起きずに活動するのが困難になります。その精力に大きく関わっているのが男性ホルモンで、本来は生まれる前や生後の発育に影響し、骨格や筋肉の成長に関与しています。その分泌量は10代をピークに20代までは続きますが、30代からは減少して精力が失われていきます。脳や精神面にも関わるので、精力が減退するのは体の外面だけでなく内面まで衰えてしまうことにもなるのです。そこで精力回復をするために役立つのが、男性ホルモンを直接投与するか、体内で分泌量を促進させる成分を摂取することになります。医薬品としてホルモン補充療法というものがありますが、一般的に健全な人なら精力回復に期待できるサプリメントを服用する方が、副作用のリスクがなくて良いでしょう。男性ホルモンによる精力は、性欲にも密接に関わっているので、普段から元気が出ないなと思ったら、サプリメントなどで補給すると元気になれるかもしれません。